安全マネジメント

2019年安全マネジメントの取り組み

  1. 「輸送の安全に関する基本方針」

    1. 輸送の安全確保がバス事業最大の使命であることを深く認識し、社長以下、全社員が一丸となって安全確保に取り組むことが最大の責務である。
    2. 旅客運送事業者の責務として、輸送の安全に関する法令・規則を遵守し、安全こそが最も重要なサービスであることを社員一人ひとりが深く認識し輸送の安全に努力する。
    3. 輸送の安全に関する情報を積極的に公表し、お客様に安心と信頼を提供する。

      安全方針ポスター.docx (Word文書)
      安全目標ポスターH31年度.docx(Word文書)
      安全管理の取り組み状況H30年度.docx(Word文書)

      徳南交通有限会社 取締役 西岡 恵美子

2018年度の取り組み

  1. 安全に対する基本ルールの遵守。
  2. 毎年65歳以上のドライバーに適齢診断を受講している。
  3. 先進安全自動車(ASV)を2両導入。
    衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報装置、車両安定性制御装置などを搭載。
  4. 全車にドライブレコーダー及びデジタルタコグラフを装備。
  5. 健康管理の取り組みの推進
    1. 保健師による健康管理(個人面談の実施)
    2. SAS(睡眠時無呼吸症候群)対策の推進

1.教育及び研修

  1. 乗務員教育
    1. AEDの講習


    2. 非常口の点検・避難実技


    3. 追突軽減装置講習会


    4. 消化器の点検・使い方


    5. 外部運転研修施設にて当社独自の研修
  2. 管理者教育
    1. 運転管理者研修
    2. 整備管理者・整備管理者選任前研修

2.講習会への参加、資格の取得

  1. 安全に関する講習会への参加
    1. 運行管理者一般講習
    2. 運行管理者基礎講習
    3. 普通救命講習
    4. 運輸局、バス協主催による安全セミナー
  2. 安全に関する資格の取得
    1. 運行管理者
    2. 旅程管理研修
    3. サービス介助士
    4. 飲酒運転防止インストラクター

2019年度の取り組み

  1. 先進安全自動車(ASV)2両を導入予定。
  2. 全席3点シートベルト2両を導入予定。

輸送の安全に係る情報の伝達体制その他組織体制